私たちファイナンシャルプランナーは優れた専門家集団とのネットワークで皆様の夢をかなえます

関西ファイナンシャル・プランニング技能士会Welcome to FPP

関西ファイナンシャル・プラニング技能士会は首都圏ファイナンシャル・プランニング技能士会に次ぐ第2の地域連携の場として発足いたしました。

独立FPによる独立相談サービス

FPP Member

寺野 裕子 Hiroko Terano

Q 技能士会での役割は?
副代表をしています。関西FP技能士会では雑用等何でもこなすマネージャーとして頑張らせていただきます。
Q マイブームを教えてください。
ズバリ!歩き遍路です。休みを利用してのちょこちょこ遍路で、5年目で四国を1周半歩きました〈1周は約1200キロ〉。1200キロの長く険しい山道も小さな『道しるべ』があることで迷わず進むことが出来ます。歩きながらいつも「人生もお遍路と同じだな~。私もお客様の道しるべでありたいな~」なんて考えながら歩いています。
Q 強みはなんですか?
最近、”女性”のFPであることが強みになっているのでは?と感じることが増えてきました。特に離婚、ご夫婦関係の相談時に感じます。幸いにとでも言いますか、私も一度離婚経験がありながら、楽しく前向きに生活させていただいているものですから、頼りになると感じていただけているようで、安心してご相談していただけるようです。

これまでの経歴

社会人デビューは公務員。1992年から徳島県庁にて約6年ほど勤務する。
30歳を前にした2001年1月に住友生命保険相互会社に入社したことがFP資格との出会となる。営業活動を行っていく上で、お客様にしっかりとご納得いただいたお買い物〈保険加入〉をしていただくための力をつけたいとの思いからFP受験をスタートし2007年に1級FP技能士を取得。その後㈱FPプラネット井畑氏の指導により実務家FPを志すことを決意。住友生命退社後、2008年4月より徳島市沖浜にて独立系FP事務所「ミスターFP徳島オフィス」を開業し現在に至る。
保有資格は1級技能士の他にCFPR

現在の主要業務と顧客層

普段はお客様に徳島市沖浜の事務所へお越しいただいてのスタイルで、個人のお客様を対象とした相談業務を行っています。相談テーマは金融資産運用、住宅ローン、保険見直し、教育資金、不動産、等々多岐に渡ります。お客様層は、30代、40代のまだ小さなお子様がいらっしゃるご夫婦、リタイアメント層、女性でシングルの方〈死別、離婚と理由は様々〉、独立開業を目指した方等々様々です。

ご相談者へのメッセージ

今、特に重要だと感じているのが20代の若い世代へのファイナンシャルプランニングの必要性です。新聞やニュース等で「退職後も働かないといけない仕組み作りを」なんていうメッセージを見聞きしますが、私の中では「なぜそこまでして働かないとならないのか?」と思ってしまいます。皆さんが稼ぐ生涯賃金は2億とも3億とも言われていますが、例えば2億の内の1割でも残していくことができれば2千万円の老後資金が確保できるのに景気の良い時代を生き抜いてきた方でさえ実現できていません。ゆとり生活のために将来お金を残すことができるかどうかは景気やお給料の額によってではなく、皆さんがご自身の資金計画作成・実行ができているかどうかにかかってくるんです。そのことに早く気づいて、一人でもたくさんのかたにファイナンシャルプランニングを体験していただき、ゆとり生活を叶えていただきたいと思っています。

▲このページTOPへ